一生に一度の家づくりだからこそ失敗したくない!正確な情報を進めよう!

家づくりは、高い買い物になります。
あれこれこだわったのに、暮らしてみると不便だったということが少なく有りません。
そのため、失敗や後悔を極力少なくした住宅を購入する必要があります。
インターネットの情報収集もそうですが、アプリなどを活用すると、インテリアの間取りのシミュレーションをする必要があります。
家事動線、収納、光熱水費のやりくりなどといったことでのトラブルを減らして住宅を購入すると、暮らしやすい買い方になるようです。

一生に一度の家づくりだからこそ失敗したくない!正確な情報を進めよう!

家づくりでの失敗は、家事動線と収納、光熱水費のやりくりといったことでのトラブルが多いように思われます。
設計をよく考えることや、家具を購入する必要もありますが、自治体の処分に従ってと、仕事の休みが少なくてやるのか、暇だけど病気だから働けないのにやるのか、などといった問題もあるかもしれません。
収納を作り付けにするという設計も家づくりでは、必要になりますが、家具を置いたりシミュレーションを色々とする必要があると思います。

実例を参考にする家づくりのアイデア

家づくりを成功させる為には、実例をもとにしっかりと計画してから実行することが大切になります。
理想的な家づくりを可能にする為には何が必要か、予算はどれくらいかかってどんなアイデアを採用してもらえるか、それら全てを計画的に実行してこそ成功と言えるからです。
特に、実例をもとにアイデアを見出していくことは非常に大切で、今までになかった発想を取り入れたい気持ちも重要ではありますが、肝心なのはそれを実現させることができるかであることを忘れてはいけません。
奇抜な考えが浮かんだとしても、それを可能にできるかは依頼した会社の実力にもかかってくるので、双方がしっかりと話し合ってから決めていくことが必要なのです。
また、成功体験があると作る側も自信を付けることができるので、昔にどんな家づくりが行われてきたのか、住み心地や評判はどれくらいかを調べておき、大丈夫だと確信が持てた時だけ依頼することを徹底していきましょう。

失敗しない家づくりに必要な計画的な準備

家づくりは、相談を行う前にいくつか準備をしておかなくてはならない3つのポイントが存在します。
まず、資金面の確保です。
家づくりは非常に高い値段がしますので、頭金を準備するのはもちろんですが住宅ローンなどを考慮した長期的な資金計画を立てておかなくてはいけません。
また、家族が暮らす上で必要不可欠となる部分に関する優先順位を決めておくことも重要です。
例えば、間取りを決めて行く時にはどういった部分が最重要になるのかということを事前に決めておかないと、後からは大きなトラブルに発展する可能性も十分に存在します。
リビングやキッチンは当然として、収納スペースなどを確保した現実的な設計を提案できるように優先順位を決めておく必要があります。
さらに、住宅建築を行っている間に必要な手続きを済ませなくてはいけません。
登記はもちろんですが、引っ越しなどを含めた手続きを行うための用意もしておく必要がありますので、現状と将来のバランスを考慮して素早く行動できるように心がけておくことです。

一から始める家づくりの全体的な流れ

家づくりの流れは予算を決めることから始めるのが一般的です。
予算を決めなければ、具体的な事は何も決められないので当然のことです。
次は理想の家を具体的にイメージすることです。
このイメージを基に建築を依頼するハウスメーカーなどを選定していくことになります。
依頼する会社を決めることは、家づくりにおいて重要な作業なので慎重に行います。
情報収集から始まり、各企業の特徴や得意分野などを精査していきます。
数社にまで絞り込むことが出来れば、希望する家を伝えて見積もりを出してもらいます。
見積もりを比較して、建築を依頼する会社を決めて契約をします。
契約が終われば具体的な打ち合わせに入ります。
この段階で資金調達の段取りをつけておくため、金融機関との話し合いをはじめます。
金融機関によって住宅ローンにも差があるので、吟味したうえで取引する金融機関を決めます。
資金調達の方法が決まれば工事に入り、完成後引き渡しを受けて入居という流れになります。

最初に把握しておくべき家づくりのスケジュール

家づくりを行っていく際に、事前に不動産会社のスタッフに相談しながらスケジュールの把握ができていることも大切です。
知らないことが多いと、家づくりで少し手間がかかるところがあるのに、なかなか作業が完了しないことに不満を感じてしまう方もいます。
すでに完成している家ではなく、これから作る家は少し時間がかかってしまう場合があります。
材料なども順調に揃っており、モデルハウスのようにある程度決まっている内容で進めていく場合は、予想以上に早く完成する可能性もあります。
天候などにも作業の進み具合に影響が出るため、天候の影響なども含めて考えても、どのくらいの期間がかかるのかを把握できていると安心に変わります。
スケジュール調整をしっかりと行っていき、スタッフと定期的に連絡を取り合っていると安心感を持てます。
家づくりを行っている最中に、スタッフが定期的に真直度を伝えてくれると安心に変わるため、スタッフの対応の良さに注目することも重要になります。

筆者:中塚泰子

筆者プロフィール

長野県松本市生まれ。
多くの人が知りたい家づくりについての記事を書いています。
長野 家づくり